関与の流れ

当社の基本姿勢

「ゆりかごから墓場まで」という言葉があります。私たちはその上をいきたいと考えております。つまり、事業立ち上げ前から事業承継後までお客様のお役に立ちたいというのが当社の基本姿勢です。

私たちの事務所は、新規のお客様からのお問い合わせがあった場合には、次のようにご対応いたします。

関与の流れ




@相談・打ち合わせの日程を決めます。おおむね1週間以内です。

矢印

関与の流れ

A当社ができることをご説明いたします。その際に、お互いのやるべきことの範囲を決め、顧問料もお見積りいたしますので、ご検討の上、関与契約を決定していただきます。

矢印

関与の流れ

B関与契約の内容に応じ、月次監査を開始いたします。弥生会計等の初期指導が必要なお客様には最初の3ヶ月(特に1ヶ月目)で徹底的にお教えいたします。弥生インストラクターはほぼ全員取得しておりますので、担当以外のスタッフに対しても電話でのご質問もお気軽になさってください。

矢印

関与の流れ

C月次監査は毎月・隔月等いろいろなパターンがありますが、売上・仕入れ等の請求書確認、領収書の確認、従業員給与の確認を行います。その際には当社で「お土産」とよんでいる旬な情報をお持ちいたします。

矢印

関与の流れ




D決算月には、ここまでの状況から決算対策の必要性をお客様と共に検討いたします。

矢印

関与の流れ

E申告月には、決算書の作成・押印・提出は当然ですが、その年度の良かった点・問題点・今期の方向性等をお話しいたします。

矢印

関与の流れ




F以降は原則としてC〜Eの繰り返しです。

基本的には上記のように進んでいきます。当然、突発事項にはその都度ご対応いたします。私たちは、当社の理念である「共存共栄」を目指して、お客様と共に成長していきたいと考えております。

ページのトップに戻る