経営計画

志あるところに道あり

最近、経営者セミナーや自己実現セミナーなどでも、将来像を具体的に紙にかいて言葉にし、頭の中でイメージ(映像化)するということが多くおこなわれています。

私どもでは、専門家の観点から経営者の目標達成の有効な手段として、経営計画(中期経営計画、単年度経営計画)の策定をサポートしています。

『志あるところに道あり』まず最初に経営者が頭に描くことが重要ですが、頭にあることを経営計画書という形で整理することで、以下で後述する様なメリットがでてきます。

経営計画を策定するメリット

銀行の対応が大きく変化した!

融資枠が増額になった!

なぜ、利益が上がらないかが分かった!

設備投資のタイミングが明確になった!

これらは言い換えれば、

「経営者の頭の中が整理される」

⇒「(第三者が納得できる)客観的な数値·行動計画の基礎資料ができる」

⇒「実行·達成の手段をより具体的に検討できる」ということであります。

中期経営計画策定支援

3年から5年の期間で、事業計画を策定します。(集合形式で行う「将軍の日」もあります。)

現状分析(SWOT分析、プロダクトサイクル分析、経営者分析)、経営理念、経営目標、数値計画(利益計画、設備投資計画、資金計画、人事計画など)、行動計画策定等。

単年度経営計画

単年度の事業計画をより詳細に策定します。

利益計画、設備投資計画、資金計画、回収·支払計画、行動計画など

MAS監査(経営支援プログラム)

単年度経営計画をベースに予実(予算と実績)管理を行っていきます。

その原因と対策を経営者と一緒に検討し、実施を支援します。対策の内容、ケースによっては専門チームを結成し、対応します。

MAS監査

経営計画 Q&A マニュアル

サービスイメージ

経営計画立案指導

※上記資料をご覧になるためには、PDF形式ファイルを取り扱うツールが必要となります。下のアイコンをクリックして、Adobe社のウェブサイトでファイルをダウンロードしてください。Adobe Acrobat Readerは無償でダウンロードできます。

Adobe社

ページのトップに戻る