身元保証

身元保証

身元保証で
悩んでいませんか?

身元保証人がいないことで、社会のさまざまな場面で支障が生じます。たとえば、下記のようなケースがあります。

住宅・施設での問題

  • 身元保証人がおらず入居できない…
  • そもそもどんな住宅や施設が良いか分からない。一人で見学できない。探せない…
  • 遺品整理、葬儀、相続問題など、万が一のときに誰にも頼れない…

病院での問題

  • 身元保証人がいないと入院できない…
  • 退院時の付き添いがない。退院後の対応ができない…
  • 退院後、施設入居となった場合の対応ができない…
  • 遺品整理、葬儀など、万が一のときに誰にも頼れない…

これに加えて、

  • 遠方の家族が病状説明に指定された日時に病院に行けない
  • ご本人のトラブルでご家族が施設、病院から頻繁に呼び出されたときにも対応できない といった時間的な問題
  • 親族の存在情報が不明な中で施設に入居したり、手術をした際に、後々、親族が現れ、施設入居の理由や手術を決めた理由を問い詰められる…

などといった問題も発生します。

そんなときに、当社は「身元保証人」として対応し、身元保証人がいないことによって生じるあらゆる問題を解決します。 「余命宣告など何かあったときにすぐに身元保証人が必要にならないですか?」 「残された奥様一人で、その後の相続、遺品整理、葬儀などやりきれますか?」 葬儀の手配、納骨・供養、遺品整理、利用料の清算、ライフラインの停止なども、私たちが全て対応いたします。

身元保証人の立ち位置とは?

後見人と身元保証人の役割は違います。後見人は身元保証人にはなれません。後見人はご本人とイコールの関係で契約行為や財産管理が出来ます。 ですが、ご本人が自身の身元保証人にはなれません。

後見人は緊急で呼ばれたとき駆け付けることが出来ますか?買い物や通院の付き添い、手術の立会いは出来ますか?

身元保証人はキーパーソンとして何かあったときの連絡先になります。緊急時、すぐに駆け付けます。寄り添ってご本人の不安を取り除きます。

一生涯、だからこそ安心のお付き合いを

高齢化社会を迎える中で、さまざまな事情を抱えた契約者さまが増えています。何かあったときにこそ、身元保証人が必要です。総合経営サービスグループでは多岐にわたる分野での契約を取り扱う部門とスタッフの体制が整っています。施設・病院が変わる際のケアマネさんからケアマネさんへのバトンをスムーズにお渡しする。弁護士を交えた三者間契約で預託金管理の透明性を担保する。あらゆる士業に精通した総合経営サービスグループだからこそ、相続、信託、保険、不動産など様々なご相談を承ることが可能です。身元保証人のご相談は、一生涯のお付き合いになる問題。不安を取り除き、ご安心いただけるよう、総合経営サービスグループ一丸となってサポートいたします。

料金体系

相談は無料です。